どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW画像を手軽に見るにはどのソフトがいいのか?についてお話しします。
RAW現像を手軽に見たい時には?

「RAW画像」は「写真」であるというその特性上、現像ソフトは手軽に見れるだけでなく、ピントチェックをするために十分な拡大表示が素早く行えることも重要ですし、また、複数の画像を比較したり、現像の前後を比較したりする機能も重要です。純正ソフトで言えば、そのような閲覧性能が高いのはキャノンの「DPP」です。

汎用現像ソフトでは、アドビシステムズ社の「Photoshop Lightroom」が軽快に閲覧できお勧めです。現像機能は無視して単に閲覧機能だけを求めるなら、「FastStone MaxView」といったビューソフトがあります。下記にアドレスを記載しておきます。

「FastStone MaxView」

なお、Windowsでは、各カメラメーカーが提供する「RAWCodec」と呼ばれるソフトウェアをインストールすることで、エクスプローラやWidnowsフォトギャラリーなどで閲覧や拡大表示することができるようになります。MacOSでは実際に確認したところ、キャノン、ニコン、オリンパス、ペンタックス、富士フィルムなどの「RAW画像」を閲覧することができました。

今回はRAW画像を手軽に見るにはどのソフトがいいのか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/195-12c6ef6c