どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は複数の「RAW現像ソフト」を使うメリットについてお話しします。
複数の「現像ソフト」を使うメリットとは?

現像ソフトによって画像の仕上がりが違う事は説明しました。ですので、違う種類の現像ソフトを持っていれば、現像のバリエーションは広がるでしょう。

露出補正、ホワイトバランスはアドビシステムズ社の「Photoshop Lightroom」を使用し、ノイズの処理やカラーバランスの変更は市川ソフトラボラトリーの「SILKYPIX」を使うなど、「画像補正」の種類によってソフトを使い分けているカメラマンもいます。

実際、基本的な機能が中心の「メーカー純正ソフト」を使っていると「この色はもっとこうしたい」や「色ごとに写真を調整したい」という要望は増えると思います。

ただ、複数の現像ソフトを用意しても、それらの機能をすぐに使いこなすことはなかなか難しいでしょう。

まずは「純正ソフト」を使い込み「どこまで写真を美しくできるか」を追求し、画像補正のスキルを磨いてみましょう。

そのうえで、さらに必要な機能を把握し、その機能を持った現像ソフトを購入するのがベストでしょう。

複数の現像ソフトを使っていると、ある現像ソフトでの現像設定が別の現像ソフトには反映されないなど、使い分けを意識する必要があり、意外に面倒なことも起こります。

それぞれの特徴を理解したうえで現像ソフトを使い分けることが大事です。

今回は複数の「RAW現像ソフト」を使うメリットについてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/193-af643215