どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は古い機種の「RAW画像」を新しい現像ソフトで現像するとどうなるのか?についてお話しします。
「汎用ソフト」で現像した時の仕上がり

古いデジタル一眼レフカメラの「RAW画像」を、最新の「現像ソフト」で現像すると、写真の画質が向上する可能性があります。

多くの場合、解像度の向上、ノイズの低減、色味の変化などが得られるでしょう。

これは現像ソフトに組み込まれ、「RAW画像」から「JPEG画像」を生成する際に働く「現像エンジン」の進化によるところが大きいです。

「現像ソフト」によって行われるさまざまな処理は「現像エンジン」で行われます。

一眼レフカメラに搭載されている「画像処理エンジン」が進化することで、写真の質が向上するという話はよくあります。それと同じように考えるとわかりやすいでしょう。

また、最新の現像ソフトを利用することで、新たな画像処理機能を利用できるというメリットもあります。

「古いRAW画像」を新しい現像ソフトで現像した場合、一番効果が顕著に出るのが「カラーモード」です。

たとえば、ニコンの「ピクチャーコントロール」、キャノンの「ピクチャースタイル」や、ペンタックスの「カスタムイメージ」など、近年発売された製品に搭載されたカラーモード機能は、撮影時に限定すれば最新機種でしか利用できませんが「RAW画像」を現像する際には、これまで発売された機種の「RAW画像」ファイルにも適用することができるのです。

また、最近の現像ソフトにはノイズ低減機能やレンズ収差補正などが追加されています。

旧バージョンの現像ソフトで用意されていない場合でも、最新ソフトを入手すればこれらを利用することが可能です。

ただし、新しく開発された現像ソフトにこうした機能が組み込まれていても、それを適用できない場合がありますので注意が必要です。

キャノンの「メーカー純正ソフト」ではバージョン3.2より、周辺光量、歪曲、色収差、色にじみを補正する機能が加わりましたが対象カメラ、対象レンズに制限があります。

また、ニコンの「メーカー純正ソフト」に関しても、レンズ関連の補正機能は「D/Gタイプレンズを装着して撮影した画像データに適用」という条件があります。

こうした点には注意が必要ですが、適用可能な組み合わせであれば大きな恩恵を受けられます。

旧モデルの「RAW画像」を最新の現像ソフトで扱うことには、画質向上にとどまらないさまざまな利点があると言えるでしょう。

今回は古い機種の「RAW画像」を新しい現像ソフトで現像するとどうなるのか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/192-1132a8d2