どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「RAW現像」で「汎用ソフト」を使うと異なるメーカーの「RAW画像」も同じになるの?についてお話しします。
「汎用ソフト」で現像した時の仕上がり具合

異なるメーカーの一眼レフカメラの「RAW画像」を「汎用ソフト」で現像した際、同じ仕上がりなるとまでは断定できませんが、似た様な画像に仕上がります。

その理由には、1つには「汎用ソフト」は一眼レフカメラ側の設定を引き継がないこと、2つ目には、どの一眼レフカメラの画像も同じ「画像処理エンジン」で現像すること、そして3つ目として、同じソフト上で見比べながら現像調整ができることなどがあげられます。

「汎用ソフト」の開発側でも、各一眼レフカメラメーカーの特徴や良い部分を引き出そうとする努力はあるでしょうが、「RAW画像」の詳細が公開されていないために、「汎用ソフト」独自の現像処理をするしかありません。

つまり一眼レフカメラの特性がある程度平均化されることになるわけです。たとえば、ポートレートの色再現が派手めなキヤノン、自然なニコンといったイメージがあります。その違いは「メーカー純正ソフト」で現像したり「JPEG画像」にした場合に現れます。

むしろ、それが「純正ソフト」の特質でもあります。「汎用ソフト」では、RAWレベルでの露出、色合い、ノイズ処理が反映されるますが、一眼レフカメラ内の「画像処理エンジン」や「メーカー純正ソフト」による画質設定、色設定は反映されません。

ですので、異なるメーカーであっても「汎用ソフト」で現像するとメーカーによる違いは現れにくいわけです。結果、それぞれの色・画質の傾向は似てきます。

今回は「RAW現像」で「汎用ソフト」を使うと異なるメーカーの「RAW画像」も同じになるの?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/191-e6e6870d