どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「RAW現像ソフト」を変えると現像後の仕上がりも変化するのか?についてお話しします。
異なる現像ソフトを使ったときの画像の仕上がりについて

「RAW画像」は現像ソフトを変える事によって、画像の仕上がりも全く変わってきます。ただし、純正の現像ソフトではそのメーカーの「RAW画像」しか現像できません。たとえば、ニコンの「D-ライティング」が使いたいからと言って、別のメーカーの「RAW現像ソフト」を使う事はできません。

とすると、「メーカー純正ソフト」以外に利用できるのは、アドビシステムズの「PhotoshopLightroom」、フェーズワン社の「CaptureOne Pro 8」、市川ソフトラボラトリーの「SILKYPIX」などの「汎用ソフト」に限られます。

「メーカー純正ソフト」とそれら「汎用ソフト」の仕上がりを比べれば、その違いは明白です。ただし、やはり基準となるのは「純正ソフト」による現像と考えるのが王道でしょう。

というのも、「純正ソフト」はデフォルト設定で現像すれば、一眼レフカメラ側のパラメータ設定をそのまま引き継いだ形で現像できるからです。

もし、異なる現像結果を得て良い方を選びたいというなら「メーカー純正ソフト」と「汎用ソフト」を用意し、それぞれで現像して見比べるといいでしょう。

もともと、一眼レフカメラ側では彩度は「強め」、輪郭強調も「やや強め」が指定されていますが、それを「メーカー純正ソフト」は素直に反映した結果となっています。かと言って「汎用ソフト」で彩度を高めれば純正ソフトと同様の結果になるわけでもありません。また、シャープネスもソフトごとに異なります。それぞれの画質設定・色設定が行われており、それらの特徴を踏まえる事が重要です。

今回は「RAW現像ソフト」を変えると現像後の仕上がりも変化するのか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/190-878247bb