どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「RAW画像」のサムネイルが見られないのはなぜか?についてお話しします。
「RAW画像」はサムネイルを表示できない場合がある

WindowsやMac OSでは、デスクトップ上やフォルダ内にある画像ファイルを「サムネイル表示(縮小画像表示)」させることができます。

ただしこれはいずれの画像データでも可能というわけではなく、一部の「RAW画像」ファイルでは非対応となっています。「RAW画像」とは違い「JPEG画像」「TIFF画像」はちゃんとサムネイルが表示されます。

これは、「JPEG画像」や「TIFF画像」と違い、「RAW画像」ファイルに国際的な標準規格が存在しないことが原因です。デジタルデータには通常一定のルールが策定されていて、そのルールがあるからこそ、様々なソフトウェアやOSレベルのビューワー機能で扱うことができます。しかし、「RAW画像」のデータは各メーカーが独自に開発していて、社内秘密にも関わるため、一定のルールが策定できないのです。

そのため一般的なファイルのような汎用性はなく、サムネイル表示などを行うためには各メーカーの「RAW画像」に応じたファイル情報が必用となります。OS側のアップデートによりサムネイル表示を可能にしている場合もありますが、OSの種類やバージョンによっても対応製品はまちまちです。

Windows OSを使用していて「RAW画像」のサムネイルが表示されない場合は、「Microsoft カメラ コーデック パック 」をインストールすることにより表示されるようになります。「Microsoft カメラ コーデック パック 」のダウンロード場所を記載しておきます。

・Microsoft カメラ コーデック パック

一方、Mac OSではWindowsのようにソフトはないものの、最近のOSであれば、おおよその場合「RAW画像」には対応しています。どの一眼レフカメラが対応しているかのページがありましたので記載します。

・Mac OSのサポート可能なデジタルカメラの RAW 形式 一覧

今回は「RAW画像」のサムネイルが見られないのはなぜか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/189-c136d2de