どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「RAW現像」の「有料ソフト」は高機能なのか?についてお話しします。
「汎用ソフト」のメリットついて

「RAW現像ソフト」の「有料ソフト」は「メーカー純正ソフト」や「フリーソフト」と比べると当然ながら「高機能」になっています。

「純正ソフト」「無料ソフト」が搭載する基本的な機能に加え、「ハイライト飛び」や「シャドウつぶれ」を補正できたり、色相ごとの色調整が可能だったり、より強力な「収差補正」が可能であったりします。

「有料ソフト」はアドビシステムズ社の「Photoshop Lightroom」フェーズワン社の「CaptureOne Pro」や市川ソフトラボラトリーの「SILKYPⅨ」などが該当するわけですが、これらは「RAW現像ソフト」は大変高機能でバージョンアップもされています。

「RAW現像ソフト」は「純正ソフト」の他に、「有料ソフト」を1つ持っておくと、ほとんどの「RAW画像」に対応できるというだけでなく現像調整のバリエーションも広がるでしょう。

ちなみに「有料の現像ソフト」ではどのソフトが人気なのでしょうか?最近の調査では1位が「Photoshop Lightroom」2位が「Capture One Pro」3位が「SILKYPIX」という結果になっています。

今回は「RAW現像」の「有料ソフト」は高機能なのか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/188-92c28056