どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「RAW現像」で「汎用ソフト」を使うメリットとは?についてお話しします。
「汎用ソフト」のメリットついて

RAW現像の「汎用現像ソフト」を使う最大のメリットは、異なるメーカーの「RAW画像」を一元的に扱えることにあります。

一眼レフカメラのメーカーが違っていても「汎用ソフト」を使えば、その都度ソフトを切り替える必要が無くなります。

また、違う一眼レフカメラで撮影した「RAW画像」でも似たような写真にしやすいというメリットもあります。

そのほかにも、スピーディーな操作感を売り物にしている製品も多く見受けられます。

アドビシステムズ社の「Lightroom」やフェーズワン社の「CaptureOne Pro」などは、画像の調整がすぐに反映されるので小気味良く、使っていてまったく苦になりません。

現像パラメータや機能が豊富である点も見逃せないでしょう。露出補正、トーン、ホワイトバランス、彩度、色合いなどのほか、ハイライト飛びやシャドウつぶれ、色相ごとの色調整などが可能なものもあり、より完成度の高い画像を作り出せます。

最後に「RAW現像」の「汎用ソフト」一覧表を記載します。参考にしてください。

今回は「RAW現像」で「汎用ソフト」を使うメリットとは?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/187-f8d6f095