どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「RAW現像」で「メーカー純正ソフト」を使うメリットとは?についてお話しします。
「純正ソフト」のメリットについて

一眼レフカメラが撮影した写真にはそれぞれのメーカー独自の機能や特徴があります。例をあげると、キャノンの「ピクチャースタイル」やソニーの「Dレンジオプティマイザー」、ニコンのカメラに搭載されている「ピクチャーコントロールシステム」などになります。

これらの、メーカー独自の「画質設定」や「色設定」を反映させられるのは「純正の現像ソフト」でなければできません。

また、レンズ情報から「色収差補正」を自動処理するような機能を備えたものもありますが、これも純正ならではの強みと言えるでしょう。

また独自の機能だけでなく、「ホワイトバランス」や「トーンの再現性」などは純正ソフトのほうがよりナチュラルに仕上がりますし、ノイズ除去や解像感なども、カメラ本体を開発しているメーカー純正のソフトでは、より自然な処理を期侍でます。撮影時のパラメータをストレートに引き継ぐのも「純正ソフト」で現像するメリットになります。

今回は「RAW現像」で「メーカー純正ソフト」を使うメリットとは?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/186-ffd74003