どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「RAW現像ソフト」の種類についてお話しします。
「RAW現像ソフト」の種類について

「RAW画像」は特殊な画像形式なので、対応する「RAW現像ソフト」が必要になります。「RAW現像ソフト」には、大きく分けると「メーカー純正ソフト」と、複数の「RAW画像」形式に対応できる「汎用ソフト」があります。さらにそれぞれに有償、無償のソフトがあります。

まず、「メーカー純正ソフト」ですが、これは機能の多い少ないこそあるものの、一眼レフカメラの本体を作り、その内部をよく知る製造メーカーが提供しているソフトになります。ですので、カメラメーカーの特徴をもっとも再現するには、やはり純正の現像ソフトが必要です。

一方、汎用の現像ソフトのメリットはというと、「汎用」であるために異なるメーカー、異なる機種の「RAW画像」を同時に、一元的に扱えることにあります。

一眼レフカメラユーザーは、様々な一眼レフカメラに興味を持っている人が多く、異なるメーカーの一眼レフカメラを購入する事もあるでしょう。すると当然ながら異なる形式の「RAW画像」を撮影することになるわけですが、純正ソフトではメーカーごとにソフトを切り替えなければなりません。

A社とB社の力メラで撮ったそれぞれの「RAW画像」を見比べるときなどは、いったん現像してからなど不便を強いられることがあります。しかし汎用の現像ソフトであれば、異なるRAWも等しく扱うことができるので、そういった不便もありません。ただし、汎用現像ソフトだからといって、すべての「RAW画像」に対応するわけではありません。

メジャーなカメラにはほぼ対応しますが、プロ用の大判デジタルカメラなどには対応しないものもあります。また、新製品のデジタル一眼レフカメラに対する対応は、新製品が登場してしばらくたってからになるでしょう。

汎用現像ソフトには、様々な種類がありますが、私がおすすめるのはアドビシステムズの「PhotoshopLightroom」、フェーズワン社の「CaptureOne Pro 8」、市川ソフトラボラトリーの「SILKYPIX」になります。いずれも有償ですが、それぞれ「メーカー純正ソフト」には無い機能が満載されており、撮影した写真を「驚くほど」きれいに画像補正できるようになります。

最後に「メーカー純正ソフト」と「汎用ソフト」の一覧表を記載します。参考にしてください。


今回は「RAW現像ソフト」の種類についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/184-c5e73003