どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はRAW現像ソフトの「DNG形式」とは?についてお話しします。
DNG形式とは?

「DNG(Digital NeGative)形式」とは、アドビシステムズが提唱する「RAW画像」のファイル形式になります。「DNG形式」対応の「RAW現像ソフト」であれば、は異なる「RAW現像ソフト」間でも「RAW画像」データのやり取りと編集が可能になります。

また、仮にカメラメーカーが開発を打ち切ったりすると「RAW画像」の読み込みがサポートされなくなる可能性があります。

ですが「DNG形式」対応の「RAW現像ソフト」であれば現像が可能になり、今まで撮影した写真が使えなくなる、というような事態も防ぐことができます。

「DNG形式」は現在ではほとんどの「RAW現像ソフト」に対応しているので安心して使う事ができます。

今回はRAW現像ソフトの「DNG形式」とは?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/183-8cb2728d