どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は各カメラメーカーのRAW画像の「ファイル形式」についてお話しします。
各メーカーのRAW画像の「ファイル形式」について

「RAW画像」の技術は各メーカーで全く異なります。ですので、「RAW画像」の仕様を公開していないメーカーが多いです。

「RAW画像」は撮像素子から取得した「画像未満の画像データ」である事は解説しました。その詳細データを公に発表してしまうと撮像素子での処理やノイズ処理、圧縮方法などを他メーカーに知られてしまう恐れがあるのです。

一眼レフカメラのメーカーにとって「画質」はそのメーカーや機種を特徴づける最大の事項ですので、各メーカーとも「RAW画像」の技術は知的財産として保護しています。

また「RAW画像」の現像には自社が出している「純正現像ソフト」の利用を推奨しています。各メーカーごとに「現像ソフト」が異なるため、「RAW画像」のファイル形式もその分存在します。各メーカーの「RAW画像」のファイル形式一覧を作成しました。ご覧ください。

ただ、ユーザー側としては「RAW画像」のファイル形式が異なると汎用性がなくなるため、扱いにくくなります。そこで「アドビシステムズ(Photoshopの販売メーカー)」は「RAW画像」の共通フォーマットでとして「DNG形式」を提唱しています。

今回は各カメラメーカーのRAW画像の「ファイル形式」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/182-bcb1accf