どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「RAW画像」のファイルサイズについてお話しします。
「RAW画像」のサイズについて

デジタル一眼レフカメラでは「RAW画像」と「JPEG画像」の両方で記録可能です。「RAW画像」か「JPEG画像」どちらか1つに設定したり、同時に記録することができます。

「JPEG画像」は記録する際に圧縮がかかるため、実際の画像データの数十分の1のデータサイズで済みますが、「RAW画像」は圧縮されたとしても、それほどファイルサイズを小さくすることができません。

1000万画素を超えるデジタル一眼レフカメラでは「RAW画像」1枚の容量は「10MB」を超えるものがほとんどです。そのため、1枚の記録メディアには「JPEG画像」ほど多くの枚数を記録できません。

ただし、同じ画素数であってもメーカーや機種が異なると「RAW画像」の仕組みも変わるためデータサイズは異なりますし、また撮影する被写体やカメラの設定によっても変化します。いずれにしても「RAW画像」で撮影を行う場合には、記録メディアを複数枚用意したり、記録メディアの不要なデータは削除しておきましょう。

最後に各メーカーの「RAW画像」サイズと撮影可能枚数の目安を表にしたものを作成しました。参考にしてください。

今回は「RAW画像」のファイルサイズについてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/180-8038d509