どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「RAW画像」と「JPEG画像」の容量はどれくらい違うのか?についてお話しします。
「RAW画像」と「JPEG画像」のデータサイズの違い

「RAW画像」は豊富な階調情報を持ち、柔軟な画像調整に対応できる半面、ファイルあたりのデータ容量が大きくなってしまうというデメリットがあります。

「RAW画像」も圧縮によってデータサイズを少なくなるシステムも導入されていますが、「RAW画像」の圧縮の場合は元データを損なわない「可逆圧縮」がほとんであり、それほどデータサイズを小さくすることができません。

最近は「RAW画像」を14ビット(16384階調)で作成するデジタルー眼レフが増えてきました。

それらの機種では階調の豊かな情報を得られる一方で、当然「RAW画像」のファイル容量が増してしまいます。

一方、「JPEG画像」は一眼レフカメラの内部で現像処理を行い、その際に「非可逆圧縮」によってデータサイズを小さくしています。

「非可逆圧縮」は撮影した画像の中で人間の眼が認識しにくい部分の情報を間引き、もとに戻らないことを前提として一部を切り捨ててデータ圧縮します。

そのため画質劣化を招きますが、そのぶんファイル容量を小さく抑えられ、一眼レフカメラの撮影枚数を増やすことができます。

以下に現行デジタルー眼レフの「RAW画像」と「JPEG画像」の容量一覧を掲載しました。

画素数のほか、「RAW画像」のビット数も併記しています。「RAW画像」のファイル容量はほとんどのモデルで10MBを超え、中には25MBに達する機種もある一方「JPEG画像」は1/2~1/4程度に容量が抑えられています。

ここにまとめた表はメーカーのカタログや説明書に記載された数値である点に注意してください。

実際の画像のファイル容量は、被写体などによって大きく左右されます。「RAW画像」と「JPEG画像」では容量差が大きいという点は変わりませんが数値はあくまで「目安」と考えていただいたほうがよいでしょう.。

今回は「RAW画像」と「JPEG画像」の容量はどれくらい違うのか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/177-f32aa615