どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「RAW画像」にはどんなメリットがあるのか?についてお話しします。
「RAW画像」のメリットとは?

「RAW画像」は、撮像素子が「色の情報」と「光の情報」を被写体から受け、最初に取得する「画像以前の画像データ」です。

撮像素子にはモザイク状に「カラーフィルター」が配列されており、ここで作成されたデータはR(レッド)G(グリーン)B(ブルー)が個別の情報のままになっています。この「RGBデータ」が1つになっていない画像こそが「RAW画像」になります。

そして「RAW画像」の「RGBデータ」が処理されて1つの「ピクセル」になると、通常の「JPEG画像」になります。この処理を「現像」と呼びます。わかりやすいようにイラストを作成しました。

RAW画像とJPEG画像の「現像」の違い

「RAW画像」と「JPEG画像」では現像をする場所が違います。「JPEG画像」は一眼レフカメラ内の画像処理エンジンが自動的に現像処理を行います。

一方「RAW画像」はデータをパソコンに移動させた後、専用の「RAW現像ソフト」を使い現像処理を行います。わかりやすいようにイラストを作成しました。

「RAW画像」は色の階調が他の画像より圧倒的に多い

「RAW画像」は撮像素子が最初に取得する「画像以前の画像データ」です。しかしデータとしてみれば「JPEG画像」に比べて圧倒的に情報量が多いという特徴があります。

情報量というのはここでは色の階調のことで「RAW画像」の階調は「JPEG画像」に比べて圧倒的に豊富です。

通常の「JPEG画像」の階調は8ビット/チャンネル(RGBごとに256階調)ですが、「RAW画像」は12ビット/チャンネル(RGBごとに4096階調)~14ビット/チャンネル(RGBごと16384階調)という圧倒的な情報量を持っています。

「RAW現像ソフト」で現像するメリット

一眼レフカメラ内部での現像はパラメータの数が少なく、またその調整幅も狭いため、バリエーション豊かな画像は得られません。

しかし、パソコン用の「RAW現像ソフト」は豊富なパラメータとその調整幅があるために、1つのRAW画像から露出、ホワイトバランス、色合い、彩度、ノイズの除去、シャープネスなどを自由に調整でき、自分が思い描いた雰囲気の写真を作り出すことができます。

逆に考えると、撮影時の露出、ホワイトバランス、色合い、彩度、シャープネスなどの設定を間違えても「RAW現像ソフト」でかなり回復する事が出来るという事です。このようなことができるのも、「RAW画像」が階調豊かな「画像以前の画像」データであることに由来しています。

最後に「RAW画像」のメリット・デメリットをまとめた表を作成しました。参考にしてください。

今回は「RAW画像」にはどんなメリットがあるのか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/175-b28c721b