どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「RAW画像」とはどんなものなのか?それと「JPEG画像」「TIFF画像」との違いについてお話しします。
「RAW画像」とは?

「RAW画像」の「RAW」とは「未加工」という意味になります。簡単に言うと「画像になる前のデータ」という事になります。

「RAW画像」を他のもので例えてみると「RAW画像」は小麦粉、そして「JPEG画像」や「TIFF画像」はケーキやドーナツに例える事ができます。

小麦粉の状態であればケーキやドーナツ、その他にもパスタなどにも調理する事ができます。ですが、ケーキやドーナツを小麦粉にすることはできませんし、ケーキをパスタに調理する事もできません。

まとめると、「RAW画像(小麦粉)」は自分で調理(画像補正と現像)して「JPEG画像(ケーキ)」や「TIFF画像(ドーナツ)」などにできるとても便利な画像データになります。
「RAW画像」が出来る過程とは?

次に「RAW画像」が出来るまでの過程を解説していきます。まず、一眼レフカメラで撮影すると光の情報と色の情報がレンズから入ってきて、その情報を撮像素子が受けます。

しかし、撮像素子は光の情報しか記録することができません。なので、いったん「カラーフィルター」という色を判別できるフィルターに通してから色情報を記録します。

この時点ではまだ光の情報、色情報ともに「アナログデータ」です。写真データにするためには「アナログデータ」を「デジタルデータ」に変換しなければいけません。この変換処理を「A/D変換(アナログ/デジタル変換)」といいます。

この「A/D変換」までを行ったデータが「RAW画像」のデータになります。わかりやすいようにイラストにしました。ご覧ください。

「JPEG画像」や「TIFF画像」が出来る過程?とは

では、次に「JPEG画像」や「TIFF画像」がどの様にして作られるかを解説します。

「JPEG画像」「TIFF画像」が作られる過程は「RAW画像」が作成される所までは同じになります。ですが「JPEG画像」「TIFF画像」を作るには「画像処理エンジン」によって「現像」を行う必要があります。

ちなみに「RAW画像」の場合は「現像」をとばして記録メディアに保存されます。わかりやすいようにイラストを作成しました。

「現像」ってなに?と思われたのではないでしょうか。現像とは画像処理エンジンが「RAW画像」を「JPEG画像」や「TIFF画像」に変換する処理をいいます。

その処理を行う際に、一眼レフカメラで設定した露出、ホワイトバランス、色合い、彩度、ノイズ除去、シャープネスを加えて画像を記録メディアに保存します。

ここまでが「RAW画像」「JPEG画像」「TIFF画像」が作られるまでの過程になります。まとめると「RAW画像」は現像処理されずに記録メディアに保存され、「JPEG画像」「TIFF画像」は現像された後の画像データということになります。
「RAW画像」と「JPEG画像」「TIFF画像」の違い

「RAW画像」と他の画像との大きな違いは、画像処理エンジンが自動に行っていた「現像」を「自分」で行えることにあります。

自分で現像を行う場合のメリットは「画質をほぼ完全に保ったまま画像調整できる」所にあると言っていいでしょう。

「JPEG画像」「TIFF画像」は言わば完成された画像であり、画質を保ったままホワイトバランスを変更したり、露出を調整したりすることは困難です。

しかし「RAW画像」であれば画質をほぼ完全に保ったまま、露出の調整、ホワイトバランスの調整、色合いや彩度の調整、シャープネスの調整、ノイズ除去を自分の思うように変更する事が可能になります。「RAW画像」を修正したデータをご覧ください。

特に露出に関しては大変有効です。一眼レフカメラで撮影したデータが「白とび」や「黒つぶれ」して、そこの部分の階調が無くなっていたとしても「RAW画像」であれば「階調を復元」することも可能になります。

あと、ホワイトバランスの調整幅もかなり広く「色かぶり」など比較的簡単に直すことが可能になります。

対して「JPEG画像」「TIFF画像」はPhotosopなどの「画像編集ソフト」で明るさやホワイトバランス等を変更する事になります。

しかし「RAW画像」のように画質を保ったまま「白とび」や「黒つぶれ」した階調を復元する事なんて絶対にできませんし、ホワイトバランスやその他の調整をするにしても確実に画像データが「劣化」してしまいます。
「RAW画像」のデメリットについて

「RAW画像」のデメリットとしては、保存時に圧縮される「JPEG画像」に比べ「データ容量」が大きいことになります(およそ3~4倍)。

しかし、最近の記録メディアは保存できる容量が飛躍的に増えています。「RAW画像」唯一のデメリットである、「データ容量」の問題もそこまで大きくなくなってきています。

美しく撮影したいと考えるなら「RAW画像」は必須になります。撮影の時は「JPEG画像」だけでなく「RAW画像とJPEG画像」で記録する設定で撮影しましょう。

今回は「RAW画像」とはどんなものなのか?それと「JPEG画像」「TIFF画像」との違いについてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/174-a19a7144