どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「商品撮影」にはどんな機材を選べばよいか?についてお話しします。
商品撮影の機材は「機能性」で選ぶ

撮影の機材はどんな被写体を撮影するかによって選択が異なります。「商品撮影」の場合は、基本的に室内撮影がメインになります。ですので「機動性」を重視した組み合わせではなく、精密に搬影するために「機能性」を重視しして機材を選ぶ事が大切になります。

まず、「交換レンズ」は描写力を考え、明るい「単焦点レンズ」を準備しておいた方がよいでしょう。そして、背景も含めた「イメージ写真」を求められることもあるので、焦点距離の変化に柔軟に対応できるよう「ズームレンズ」があると便利です。商品の特定部分を拡大して撮影することもあるので「マクロレンズ」もあると完璧です。

あと、「商品撮影」に使用する三脚・スタンド類・照明機材は足をひっかけても転ばないように安定感があり、がっしりとしているものを選ぶことが大切です。照明機材は高価なものが多いので転倒には特に気を付けたいものです。

今回は「商品撮影」にはどんな機材を選べばよいか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/173-08c3cfcd