どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「モノブロック」の特徴と各部の名称についてお話しします。
「モノブロック」の操作方法について

「モノブロック」の特徴と操作方法は、基本的にスピードライトと同じです。あくまでも光量の設定で決まります。また、基本的にシャッタースピードは1/60秒~1/125秒に設定し、ISO感度は100~200に設定します。

絞りは撮りたいイメージに合わせて決めますが、最初はF5.6前後よいでしょう。「モノブロック」を購入際のポイントは、絞りを「開放」したときにも使えるように、光量が少なくできる機種(1/64か1/128まで)を選びましょう。
「モノブロック」各部の名称

「モノブロック」の構造は製造メーカーによって違います。ここでは一般的な「モノブロック」の部分名称と役割を記載します。

①充電完了ランプ/不発光表示/フォトセル兼用

充電が完了すると点灯するランプ。また、不発光が生じると点滅し、ブザー音が鳴ります。
②ACパイロットランプ(MAIN)過熱警報表示(HEAT)

メインスイッチを「ON」にすると点灯します。また、内部の電子部品が一定の温度以上になると点滅し、ブザー音が鳴ります。
③メインスイッチ(MAIN)

電源スイッチ。使用後は必ず「OFF」にしてからブラグをコンセントから抜き取るようにしましょう。
④モデリンクランブスイッチ(MODE)

モデリングランプの電源と光量調節を行います。「FULL/OFF/HALF」から選ぶことができます。
⑤サウンドスイッチ(SOUND)

充電中を電子音で知らせてくれるサウンドの設定スイッチです。
⑥フォトセルスイッチ(P.CELL)

ほかのストロボと同調して発光させたいときに「ON」にします。
⑦テスト発光スイッチ(TEST)

発光量を確認するために行うテスト発光のスイッチです。充電完了後、軽く押して発光させます。
⑧出力バリエーター(VARIATOR)

発光量の調整を行うつまみです。

今回は「モノブロック」の特徴と各部の名称についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/169-062ed944