どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「スピードライト」「モノブロック」撮影方法に違いはあるのか?についてお話しします。
「スピードライト」「モノブロック」撮影方法は同じ

瞬間光の「スピードライト」「モノブロック」どちらも基本的な撮影方法、撮影の考え方は同じになります。大切なのは「どういう風に被写体を演出するか」ということです。

瞬間光のライティングは、必要な機材(ディフューザーやアンブレラ)を入れることによって面光源も作れますし、点光源という強い印象の光も作ることができます。

面光源しか作れない「BOX型ライト」と比べると撮影の「自由度」が格段に広いです。「スピードライト」も「モノブロック」も多少の違いはありますが、どちらも瞬間光なのでほぼ同じライティング方法で大丈夫です。

また、瞬間光を作り出すスピードライトは「照射範囲」を変えることができるのが特徴です。マニュアル調光で使用する際、被写体の大きさに合わせて「照射範囲」の設定も忘れずに行いましょう。

今回は「スピードライト」「モノブロック」撮影方法に違いはあるのか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/168-d808b32f