どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「スピードライト」の選び方と「ガイドナンバー」についてお話しします。
「スピードライト」は「ガイドナンバー」で選ぶ

「スピードライト」を選ぶときに一番重視するポイントは「ガイドナンバー」の大きさです。「ガイドナンバー」は、「スピードライト」の発光量を表しています。

一般的に「ガイドナンバー+撮影距離=絞り値(ISO100で撮影時)」と言われていますが、撮影場所によってもかなり変化してしまうので、あくまでも目安程度に考えておきましょう。

この「ガイドナンバー」の最も重要なポイントは、「ガイドナンバー」が大きい「スピードライト」ほど、光量が大きいということです。

「商品撮影」では大型の商品(50cm以上)以外なら3mも光を照射できれば十分なので、それほど大きい「スピードライト」は必要ないですが、絞り込んで使用する場合に光量が必要になるので、「大は小を兼ねる」という事で大きい光量のものをおすすめします。
「スピードライト」は「マニュアル調光」できるものを選ぶ

あともう1つ「スピードライト」を選ぶポイントがあります。それは「マニュアル調光(手動で光量調節)」できる「スピードライト」を選ぶという事です。

「スピードライト」には「TTL調光(Through the Lens)」という「スピードライト」が撮影環境に合わせて自動で光量を調節してくれる機能があります。

この「TTL調光」は大変便利ですが「商品撮影」では自分で光量を微調整する必要があります。必ず「マニュアル調光」できる機種を選んで購入してください。

今回は「スピードライト」の選び方と「ガイドナンバー」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/164-2dd98bec