どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「光源」と「ディフューザー」の距離についてお話しします。
「光源」と「ディフューザー」の距離で「光の性質」が変化する

「光の性質(硬い光、柔らかい光)」は「光源」と「ディフューザー」の距離によっても変化します。

「光源」と「ディフューザー」の距離が近くなる程「硬い光」になります。逆に「光源」と「ディフューザー」の距離を離す程、「光」は拡散し、「柔らかい光」になります。

つまり、「柔らかい光」にしようとして被写体と光源の間に「ディフューザー」を入れたとしても、「光源」と「ディフューザー」の距離が近いと、直接当てている状態に近いので、「硬い光」になります。

「光源」と「ディフューザー」の距離にも気を付けてライティングをしましょう。

今回は「光源」と「ディフューザー」の距離についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/162-3a0fd545