どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は瞬間光の「光源の大きさ」による違いについてお話しします。
「光源の大きさ」とは?

瞬間光のライティングで、一番重要な事は「光源の大きさ」の違いです。「光源の大きさ」で被写体にどのような影響を与えるかというと、「大きい光源」だと影の付き方が「柔らかく」、「小さい光源」だと影が「はっきり」出ます。

瞬間光は「硬い光」を「アンブレラ」「ディフューザー」などを使って、柔らかい光に作り変えることができます。

「商品撮影」で柔らかい光を作ることは必須になります。「光源の大きさ」による違いを覚えておけば、商品によって光を使い分ける事ができるようになります。
最後に「光源の大きさ」を表にまとめました。参考にしてください。

今回は瞬間光の「光源の大きさ」による違いについてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/160-dd9e3b02