どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は瞬間光に取り付ける「アンブレラ」の特徴についてお話しします。
「アンブレラ」とは?

瞬間光に取り付けるライティング機材の中で、傘状の光を拡散させる機材を「アンブレラ」といいます。

「アンブレラ」は商品撮影のライティングの中で使われる頻度が高い機材です。ここでは、「アンブレラ」の種類によって「光の質」が変わり、大きさによって「光の拡散状態」が変わるということを解説します。
「アンブレラ」の「色」について

「アンブレラ」は色によって、「光の硬さ」が異なります。一般的に「アンブレラ」の色は「銀色」と「白色」の2色になります。レフ板の効果と同じで「銀色」は「硬い光」、「白色」は「柔らかい光」になります。

「アンブレラ」の「大きさ」について

また、「アンブレラ」のは大きさによっても、光の性質が異なります。「アンブレラ」が大きいほど光を拡散するので、広い範囲に「柔らかい光」を照らします。その逆で、「アンブレラ」が小さくなる程、光の拡散範囲は狭くなり「硬い光」になります。

「アンブレラ」は、「光の硬さ」や「光の範囲」を変化させるための「重要なライティング機材」なので、いろいろなサイズ、種類のものを複数そろえておくと撮影の幅が広がるでしょう。

今回は瞬間光に取り付ける「アンブレラ」の特徴についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/157-ef53b156