どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は商品撮影で「レフ板」を使いこなす方法についてお話しします。
「レフ板」とは?

「レフ板」は足りない光量を補うために使用する反射板です。一般的には「白色」のものが多いですが、より強く光が反射できる「銀系素材」の「レフ板」や、逆に暗部を強調するための「黒色」の「レフ板」など、サイズや形も含めてさまざまな種類がラインナップされています。

「レフ板」を使用した時の効果

「レフ板」を使用すると反射した光が「撮影範囲全体」に拡散し、被写体を「明るく」する効果があります。それに付随して被写体の「影」も薄くすることができ、「レフ板」を使用しない時と比べ「ふんわり」とした写真に仕上げる事ができます。

「レフ板」未使用の時と使用した時の比較画像を用意しました。ご覧ください。

トマトの下にある「影」が「レフ板」を使う事により、薄くなっている事がわかったでしょうか。
「商品撮影」で使用する「レフ板」の選び方について

「商品撮影」で使用する「レフ板」選びで大切な事は「レフ板の大きさ」です。「レフ板」の大きさは、基本的に「構図」におさまる範囲すべて(被写体の大きさ)と同等の大きさのものが必要です。

もし、その大きいサイズの「レフ板」が無い場合、市販のレフ板だけでなく、スチレンボードを使い自作でもいろいろなバージョンを作っておくと便利です。

「レフ板」使用する上で大切な事

「レフ板」を使用する際に大切な事は、光がきちんと被写体に反映されているかどうかを確認することです。効果が出ていれば、目視でも簡単に確認できます。

「レフ板」の基本的な役割は、「補助光」ということをしっかり認識しましょう。距離も大事ですが、角度も注意が必要です。たとえば、箱のような面のものの場合、面に対して平行に「レフ板」を立てないと、影に不自然なグラデーションができてしまうので注意しましょう。
「レフ板」の補助光以外の使い方

自作した「レフ板」なら、暗い部分に光を補うだけではなく、「隙間から光を入れる」ことにも使えます。

スポットライトのような一筋の光を入れたいときなどに、「レフ板」を使用するととても便利です。また、スチレンボードでディフューザーBOXを作ることもできます。

これをひとつ作っておけば、球体や曲面のあるものを撮る際に、外側からの反射や映り込みを防ぎ、内側で光を回すことができて大変便利です。

今回は品撮影で「レフ板」を使いこなす方法についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/150-66277bc2