どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「商品」がきれいに撮れる「窓際撮影」の方法について解説します。
「ライティング機器」を使わずきれいな「写真」が撮影できる「窓際撮影」

「商品撮影」に適している場所は外からほどよく光が入ってくる「窓際」です。特に、窓にレースのカーテンが引かれ、光が拡散した状態の「逆光」がおすすめと、よく言われています。

何故この場所がおすすめかというと、多くの女性が好む「色がふんわりと乗っていて、ちょうど良い立体感がある写真」を作り出せるためです。

ですので、移動が可能な被写体の場合は、出来るだけ「窓際」に近い位置で窓から入ってくる「自然光」を活用しながら撮影しましょう。
「窓際」が明るすぎる場合の対策

「窓際」での撮影はきれいな写真を撮影しやすいです。しかし「窓際」というのは、どんなにカーテンを引いたりトレーシングペーパーを使った状態でも、天気の良い日はかなり明るく同時に影が強くなります。

強く出てしまった影をレフ板で薄くする方法もありますが、その場所にこだわらなくてよいのであれば、少し窓から離れるだけでもかなり印象が変わります。

安易にレフ板を使うのではなく、影を生まないことを考えてみましょう。また、窓から遠い光は拡散した光なので、「影が薄く」「立体感」が出にくい、という効果についても認識しておくことが大切です。

今回は「商品」がきれいに撮れる「窓際撮影」の方法について解説しました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/146-342e479b