どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「商品撮影」での「自然光」の使い方について解説します。
「自然光」を利用するには工夫が必要

「自然光」を使って「商品撮影」をする場合は「光の方向性」を考える必要があります。影を出したくないなら「暗い場所」で撮影したり、窓から差し込む光を「カーテン」や「トレーシングペーパー」で調整するなど工夫が必要です。

撮影する部屋が「白い壁」「白い天井」なら、光が回り込んだやわらかいイメージで撮影することができるでしょう。逆に和室など壁紙の色が「白」以外の部屋は壁紙の色が商品に影響してきます。

部屋の間取りや普段のインテリアにとらわれずに、光の条件を読んで写真を演出しましょう。

ただし、室内は思いのほか暗いものです。安易に「ISO感度」を上げて撮影するのではなく、光がより強い窓側で撮影するなど、光の具合を工夫しながら撮影しましょう。

今回は「商品撮影」での「自然光」の使い方について解説しました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/145-b25298e1