どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「モノクロ写真」を美しく撮影する方法について解説します。
「モノクロ写真」で重要なのは「形」の美しさ

「モノクロ写真」は、「カラー写真」と違い「白」「黒」「グレー」の3色のみで構成されています。

「色」で表現できない分「モノクロ写真」は「形」で見る人に印象を与えます。基本的に「明暗差」があり「コントラスト」を強く、被写体の「輪郭」を強調することが大切になります。

単に「カラー写真」を「モノクロ写真」に変換しただけでは「ぼんやり」とした写真になりがちです。もし「モノクロ写真」にする事が前提であるなら「明暗差」をつけ「コントラスト」を強くして撮影しましょう。

また、「モノクロ写真」は色が散漫で落ち着かないときにも活躍します。「色」で「構図」を見せるのではなく「形」で「構図」を見せるという考え方に変えていきましょう。

今回は「モノクロ写真」を美しく撮影する方法について解説しました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/139-07eb8ca8