どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は商品撮影の「ピント合わせ」の重要性についてお話します。
「ピント合わせ」の重要性

「商品撮影」をする上で、重要なポイントはいくつかあります。例を挙げると「ライティング」「カメラの設定」「ピント合わせ」「レタッチ」などが該当しますが、その中でも私が一番重視しているポイントが「ピント合わせ」になります。

私がどうしてそこまで「ピント合わせ」を重視しているかというと、間違った所に「ピント」を合わせていたり、「ピンボケ」している写真は撮影後に「直すことができない」からです。

「明るさ」や「ホワイトバランス」、「カラーバランス」の失敗は、撮影後に「RAW画像編集ソフト」や「Phothoshop」などで修正することができます。ですが、「ピント合わせの失敗」「ピンボケ」だけはどのようなソフトを使っても修正できません。

特に「商品写真」は「ピント」が商品全体にキッチリ合っていない時点でその写真は「失敗写真」になります。
なので、「商品撮影」する際、ピント合わせには一番気を使って撮影してください。

今回は商品撮影の「ピント合わせ」の重要性についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/133-1e310eda