どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は商品撮影時の「光の向き」ついてお話します。
商品撮影にとって最重要な「光」

写真撮影で光はとても重要な要素です。同じ被写体を撮影していても、利用する光の内容によって、その仕上がり具合は大きく変化します。

もちろん、ここまで説明してきた「写真知識」や「構図」に関する知識はとても大事な要素ですが、これらは「どんな光で撮影するのか」によって、生かされもすれば台無しにもなりえます。それだけ写真にとって「光」は重要なのです。
「光の向き」の種類

まず、「光の向き」でよく利用されるものは主に3種類です。被写体に対して正面から「光」を当てる「順光」、横や斜めから「光」を当てる「サイド光」、そして被写体の後ろから「光」を当てる「逆光」です。

「順光」とは?

「順光」は被写体の色を正しく表現する事ができます。ただ、影が出ないため、物の立体感に乏しく、被写体の質感を表現することが難しい光です。
「サイド光」とは?

「サイド光」は明暗差が最もはっきり出るため、立体感を強調できる「光の方向」です。被写体の半分が影になるため、その部分は色の表現が難しくなります。
「逆光」とは?

「逆光」は明暗差、立体感、いずれもバランスよく表現できるため「商品撮影」ではよく使用されます。輪郭が柔らかくなり、やさしい印象になります。

今回は商品撮影時の「光の向き」ついてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/129-ae974408