どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「横写真」と「縦写真」が与える印象についてお話します。
「横写真」と「縦写真」では見る人に与える印象が全く違う

一般的に、人間の視覚範囲は「横写真」に近く、何か物事に集中しているときの視覚範囲は「縦写真」に近いです。

同じ被写体を「横写真」と「縦写真」で撮影した場合、「横写真」は中心部に目が行くので動きが感じられず、ゆったりとした印象を受けます。対して「縦写真」は奥と手前の情報が写真から入ってくるので、奥行きがある印象を与える事ができます。

例えば、同じ距離から見ていたとして「海が広がっている光景」は、遠い感じがするのに対し、「背の高い樹がそびえている光景」は、近くまで迫ってくる感じがしませんか?

写真を見る人にどういう印象を与えたいか、によって、「横写真」「縦写真」を撮影しましょう。

今回は「横写真」と「縦写真」が与える印象についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/127-a99417be