どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は撮影時の「基本構図」についてお話します。
撮影の「基本構図」とは?

どんなに優れたカメラを持っていても写真を写す角度や位置、被写体との距離など、構図(被写体を画面にどのように配置するかということ)によってせっかくの写真も台無しになることもあります。

この「構図」には撮影する上で基本となる構図があります。この「基本構図」を参考にするだけでも、かなり安定感のある写真が撮影できます。

この中で、もっとも使用頻度が高いなものが「三分割構図」です。 縦横に画面を三分割し、そのラインまたは交点上に被写体を配置します。

この「構図」は主題のはっきりしている場面でも便利。よりスムーズにバランスよく要素を組み立てることができます。

他にも、被写体の存在感を強調できる「日の丸構図」や、斜めのラインを利用して、力強い描写を行う「斜線構図」など、さまざまな「基本構図」あります。

なお、これらの典型例は画面の中からラインが発見できると、当てはめやすくなるものが多いです。ラインを意識することで、より視点を広げながら、情景が描写できるようになります。
三分割構図とは?

遠景の風景からポートレートまで、さまざまな場面で活用できる構図パターン。ラインや交点を利用し、バランスよく被写体を配置し ます。

二分割構図とは?

画面を縦横に二分割してできるラインを活用する構図パターン。 画面を整理できるのが特徴で、遠景の風景などで適用しやすいです。

斜線構図とは?

斜めのラインをうまく画づくりに活用する構図パターンです。広角レンズと組み合わせ、遠近感を強調すると、より躍動感のある描写になります。

日の丸構図とは?

画面の中央に被写体を配置します。主題をより強調して写せる一方で、画面が単調になりやすい側面も。適材適所でうまく活用しましょう。

構図は垂直水平も意識してみる

「構図」を考える際には、ぜひ垂直水平も意識しながら画面を組み立ててみましょう。仮に画面が煩雑だったり、要素が多くても、垂直水平が保たれているだけで、整理された落ち着きのある雰囲気が演出できます。

応用で垂直水平を傾けて、斜線構図のように動きを強調することも可能です。ポイントは、しっかり垂直水平を意識しながら画面を傾けているのかどうかです。無意識のうちに傾いた写真はどうしても中途半端な写真に見えてしまいます。

今回は一眼レフカメラの「内臓フラッシュ」を上手く使う方法についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/125-5e11dac6