どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は一眼レフカメラの「内臓フラッシュ」を上手く使う方法についてお話します。
一眼レフカメラの「内臓フラッシュ」とは?

最近のデジタル一眼レフカメラにはほとんどの場合「フラッシュ(ストロボ)」が内蔵されています。

「マニュアル系(P、A、S、M)」の撮影モードの場合、「内臓フラッシュ」は作動しませんが「オート系(全自動)」撮影モードの場合は撮影シーンに合わせて「内臓フラッシュ」が自動で作動します。「内臓フラッシュ」の動作を一覧にしました。

「マニュアル系」撮影モードの時も「内臓フラッシュ」を使って撮影すれば「手軽」に「きれい」な写真が撮影できます。

「内蔵フラッシュ」を上手く使うには?

「マニュアル系」撮影モードの時はカメラボディにある「フラッシュボタン」を押すことで「内臓フラッシュ」が「ポップアップ(飛び出す)」してきます。

「内蔵フラッシュ」は夜だけに使うと思われがちですが、日中でも重宝します。ただし、「内臓フラッシュ」の光を被写体に直接当ててはいけません。

直接当ててしまうと光が当たった部分がテカリ、被写体の影が写りこんでしまいます。撮影をする時は「自然光」をメインに、あくまでも「内臓フラッシュ」は補助光として利用しましょう。
「内臓フラッシュ」の「光量」を弱くして使う

「内蔵フラッシュ」を使って上手く撮影するには「内臓フラッシュ」の「光量」を弱くして撮影する事です。

例えば昼間に人物を撮影する際、明るい背景で人物の影がはっきりと出てしまうようなときは、「光量」を弱めにして明暗の差を和らげます。これを「日中シンクロ撮影」といいます。

また、夜景の前に立つ人物を撮影する「スローシンクロ撮影」のときにも「シャッタースピード」を遅くして、「光量」を弱くした内蔵フラッシュを使って撮影するときれいに撮影できます。
「ディフューザー」を使用して撮影する

もう1つ上手く撮影する方法紹介します。「内臓フラッシュ」の光を被写体に直接当てないようにするために、カメラに取り付けられる「ディフューザー」というものがあります。

これをカメラに付けて「内臓フラッシュ」の光を少し遮ることで、「ソフト」な光になり、よりきれいに撮影する事が出来ます。

今回は一眼レフカメラの「内臓フラッシュ」を上手く使う方法についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/121-20c4c704