どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は一眼レフカメラの「フォーカシングスクリーン」についてお話します。
「フォーカシングスクリーン」とは?

まず、「フォーカシングスクリーン」とは何か、という事ですが、簡単に言うと「フォーカシングスクリーン」はピントを合わせる時の「画面」になります。

ピントを合わせる時は「ファインダー」に投影されている「フォーカシングスクリーン」を見ながらピントを合わせます。ですのでとても重要な部品だと言えるでしょう。

「フォーカシングスクリーン」に不具合があると「ピントが合わせづらい」「ピントが合わない」状況に陥ってしまいます。

「フォーカシングスクリーン」の呼び方

キャノン、ソニー、オリンパス、ペンタックスでは「フォーカシングスクリーン」と呼んでいます。ですが、ニコンだけは「ファインダースクリーン」と呼んでいるので間違えないようにしましょう。わかりやすいように一覧表を作成しました。

「フォーカシングスクリーン」の種類について

「フォーカシングスクリーン」の種類は一般的に「拡散型(ピントの山がつかみやすくなるタイプ)」、「方眼型(縦横の格子線が入ったタイプ)」、「十字型(中央にクロスラインが入ったタイプ)」の3種に大別できます。

大口径レンズを多用する人は「拡散型」を、水平を出したい人は「方眼型」を選ぶといいでしょう。

「フォーカシングスクリーン」の交換前に確認する事

「フォーカシングスクリーン」も使用年数やゴミが付着する事で性能が落ちていきます。そのような時には「フォーカシングスクリーン」を交換しなければいけません。

「フォーカシングスクリーン」を交換する前にまず、自分の使っている一眼レフカメラが以下の3種類のうちどれに当たるかを確認してください。
  • 「フォーカシングスクリーン」を「自分」で交換できる機種

  • 「フォーカシングスクリーン」を「サービスセンター」で交換する機種

  • 「フォーカシングスクリーン」を交換できない機種
もし、自分で「フォーカシングスクリーン」が交換可能な機種であったとしても、できることならサービスセンターなどに持ち込んで専門家にやってもらうことをお勧めしします。何故なら、「フォーカシングスクリーン」の交換は簡単そうに見えて、意外に難しいく、失敗する事も多いからです。
「フォーカシングスクリーン」の交換手順

それでは「フォーカシングシクリーン」の交換手順を説明していきます。ここでの交換方法はあくまでも目安なので、詳しくは自分の一眼レフカメラの説明書、もしくはメーカーホームページを参照してください。
①「フォーカシングスクリーン」取り付けフックを軽く引く

まず、マウント部を上にしてカメラを持ちます。次に、ピンセットを使って「フォーカシングスクリーン」の取り付けフックを軽く引きます。なお、キャノン製品の場合、専用工具が付属します。

②「フォーカシングスクリーン」を取り外す

「フォーカシングスクリーン」の着脱爪をピンセットで挟み、ホルダーから静かに引き抜きます。取り外した「フォーカシングスクリーン」は、保管ケースにしまいます。

③「フォーカシングスクリーン」をホルダーにセットする

着脱爪をピンセットで挟んだまま、ホルダーに静かに差し込みます。このとき力任せに押し込もうとすると、「フォーカシングスクリーン」を傷つける恐れがあります。

④ホルダーをピンセットで押し上げる

「フォーカシングスクリーン」がホルダーにきちんとセットされたことを確認したら、ホルダーをピンセットの先端で静かに押し上げます。これで交換作業は終了です。

「フォーカシングスクリーン」を交換する際気を付ける事

一番多い失敗は交換する「フォーカシングスクリーン」の取り扱いをミスして「キズ」を付けてしまうことです。なお、どうしても自分で交換をしなければならない(自分でやりたい)というときは、まず、説明書などを見て交換手順をじっくりと確認したのち作業に取りかかることです。交換するときに「ゴミ」がボディ内に侵入しやすいので清潔な場所で作業を行うことも大事です。

作業が終わったら「ブロアー」などを使って丁寧にボディ内の微細な「ゴミ」を吹き飛ばしておくことが大切です。大切なのは、力任せにやらないことです。「フォーカシングスクリーン」の交換で力を込めて作業するような所はありません。必要な操作箇所のレバーやピンを外して、ふたたびロックして戻してください。

今回は「フォーカシングスクリーン」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/119-f08145e2