どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は一眼レフの「再生モード」についてお話します。
「再生モード」の便利な機能

一眼レフカメラで撮影した画像は「再生モード」で液晶モニタに表示されます。このとき画像を大きく「拡大表示」する事もできます。

数倍に「拡大表示」すれば、画像のどこに「ピント」が合っているかどうかも確認する事ができます。中には、ほとんどピクセルと同じ大きさで「拡大表示」することができる機種もあります。

そのような高機能なカメラであれば、その場で正確なピントの合わせをすることも簡単です。

「再生モード」で画像を「拡大表示」させたまま、同じ拡大位置をキープして次々と「コマ送り」することができる一眼レフカメラもあります。同じ場面を数カット以上撮影した際に、こうした機能はとても役に立つでしょう。

今回は一眼レフの「再生モード」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/115-63d4125e