どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は液晶モニタで「縦写真」が小さくならない方法についてお話しします。
「取扱説明書」のダウンロード方法

「縦写真(写真を縦にして撮影した写真)」は一眼レフの液晶モニタで確認すると「横写真」より小さく表示されてしまいます。

それを解消するには設定から「縦位置の自動回転機能」を「OFF」にする必要があります。最近のデジタルカメラは、ボディ内に縦位置センサーを搭載しており、回転情報を保存しています。

液晶モニタに写真を表示する際、これを元にして画像を自動的に回転させるのが「縦位置自動回転機能」です。

撮影時と同じ回転位置で写真を鑑賞できるため、構図を確認しやすいというメリットがある半面、液晶モニタの短辺側が画像の長辺となるため画像の表示サイズは必然的に横位置時よりも小さくなってしまいます。

これを避けたい場合は、メニューで「自動回転機能」をOFFにしておくとよいでしょう。

今回は液晶モニタで「縦写真」が小さくならない方法についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/112-26b3f088