どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は一眼レフカメラで撮影した写真の情報を見る方法についてお話しします。
撮影した写真の情報を見るには?

一眼レフカメラで撮影した後、画像データを「液晶モニタ」で表示させると「ヒストグラム」というものが表示されます。


上のイラストは一眼レフカメラの「液晶モニタ」とその「情報」です。この赤で囲っている部分が「ヒストグラム」になります。

これを読み取ることで、画像の「明るさ・暗さ」の確認を行うことができ、「白飛び」や「黒つぶれ」などの現象を回避することができます。

ここでは、「ヒストグラム」について説明しましょう。
「ヒストグラムの見かた

この「ヒストグラム」は左に「シャドウ」右に「ハイライト」とし、左右が明るさの違いを、上下がその明るさに含まれる一「画素数(ピクセル)」の多さを表しています。


一般的に露出が適切な「ヒストグラム」とは、左や右に山のボリュームやピークがない状態をいいます。 山の高い状態は画面内で多くの向積を示していることを表し、この山が「ハイライト」または「シャドー」側に画面面積が多く偏れば、当然、暗すぎたり明るすぎたりする画像となります。

撮影時にはこの「ヒストグラム」を参考にして、露出を上げたり下げたりしますが、「ヒストグラム」を理解するにはある程度の慣れと経験が必要です。
「白飛び」と「黒つぶれ」の確認方法

「白飛び」とは、、デジタル一眼レフカメラが再現できるハイライト(明るい部分)の限界を超えて階調がなくなることをいいます。「白飛び」している画像は「ヒストグラム」の右側に山のボリュームやピークが出きます。


次に「黒つぶれ」ですが「白飛び」とは逆にデジタル一眼レフカメラが再現できるシャドウ(影などの暗い部分)の限界を超えて、階調のない完全な黒が生じる事です。「黒つぶれ」している画像は「ヒストグラム」の左側に山のボリュームやピークが出来ます。


あと、一眼レフカメラの設定で「白飛び警告表示機能」を有効にすると「液晶モニタ」に「白飛び」しているエリアが部分点滅します。

一般には「白飛び」や「黒つぶれ」は質感が全く感じられない写真となってしまうといわれますが、そんなに神経質になることはありません。 写真全体の印象を第一に考えて露出をコントロールしましょう。

今回は一眼レフカメラで撮影した写真の情報を見る方法についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/109-2a015219