どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回はデジタル一眼レフを購入して最初にする5つの事についてお話しします。
撮影前にする5つの事

デジタル一眼レフカメラを初めて使う前にいくつか準備することがあります。 主なポイントを5つここでは説明しましょう。
①バッテリーを充電する

デジタル一眼レフカメラを購入して最初にすることは、「バッテリー」を充電することです。だいたい2時間位で充電が完了します。

また、フル充電しても長期間使用していないと徐々に自然放電してしまい、バッテリー残量が減っている可能性があります。

デジタル一眼レフカメラを使う前には十分に充電してあるかどうかを必ず確認しましょう。長時間の撮影をする場合は、予備のバッテリーを持っていると交互に使用できて撮影がスムーズになります。
②「レンズ」を装着する

デジタル一眼レフカメラは、コンパクトデジタルカメラとは違ってレンズを交換する事が出来ます。購入時はカメラのボディ(本体)とレンズは別々になっています。

レンズのマウントのカバーとカメラボディのレンズマウントのカバーを両方外し、お互いのレンズ取付指標を合わせてカチッというまで回して固定させます。取り付けの際に、絶対にカメラやレンズの内側は触れないようにしましょう。

③メモリカードをセットする

これはかなり大切な事なのですが、購入したカメラの中には「メモリーカード」が付属されていない事がほとんどです。

撮影した写真はメモリカードに記録されますのでメモリカードが必須になります。撮影前には事前に別途購入しておきましょう。
④ストラップを付ける

デジタル一眼レフカメラを購入すると「ストラップ」が付属しています。撮影中にカメラを落とさないように、必ずストラップを取り付けておきましょう。
⑤日時の設定をする

デジタル一眼レフカメラを購入して最初に電源を入れたときに、まずは日付と時刻の設定を行います。これで、撮影した写真に撮影日時などの情報が記録されるようになります。

なお、長期間カメラを使用していないと、日付と時刻の設定がリセットされている場合もありますので、そのときは再設定が必要です。

今回はデジタル一眼レフを購入して最初にする5つの事についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/108-22b529a7