どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は写真データの「bit」についてお話しします。
写真データの「bit」とは?

デジタル一眼レフカメラのスペック表を見ると、ニコンなら「画質モード」の欄に「RAW12bit/14bit」キャノンなら「記録形式」の横に画像タイプとして「JPEG、RAW(14bit)」とあります。

今回はここに記載されている「bit(ビット)とは何か?」というという事を説明します。コンピューターで言うと「電気信号の最小単位」、デジタル一眼レフカメラでは「階調の数」と言えるでしょう。

1ビットとは「1」と「0」であらわされるもので、これだと2つの階調が表現できることになります。

2ビットは00、01、10、11、の4つを表すことができるので、階調は4つに増えます。

そして3ビットになれば、000、001、010、011、100、101、110、111の8つを表せるため、8階調の表現が可能となります。

「ビット数」の階調をまとめた物を以下に記載します。
  • 1ビット…2階調

  • 2ビット…4階調

  • 3ビット…8階調

  • 4ビット…16階調

  • 5ビット…32階調

  • 6ビット…64階調

  • 7ビット…128階調

  • 8ビット…256階調

  • 12ビット…4096階調

  • 14ビット…16384階調
「ビット数」と「階調」について

デジタル一眼レフカメラでは「撮像素子が受けた「光」の「アナログデータ」を、「デジタルデータ」に変換(A/D変換)する必要があります。その変換をする際、この「ビット数」が多ければ多いほど、より階調豊かに色を再現できることになります。

これまでのデジタル一眼レフカメラの「RAW形式」データ、つまりA/D変換されたデジタルデータはRGB各色「12ビット」が一般的だったのですが、最近は「14ビット」、つまり16384階調でのA/D変換が現れ、より階調豊かにデータが取り込めるようになってきました。

「JPEG形式」は各色8ビットのデータ形式なので、「JPEG形式」に出力する場合はそれ以上の階調を保持することはできませんが、それでもより階調の多いデータから画像生成することで「トーンジャンプ」が発生しにくくなったり、写真の細かな部分を再現できるようになったりと、その恩恵は多いものです。

今回は写真データの「bit」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/107-efe980d3