どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「画像データ」の「ビット数」が変わると何が変わるのか?についてお話しします。
「画像データ」と「ビット数」の関係

ここで言う「ビット数」とは、画像の「RGB」各チャンネルが持つ階調の広さのことです。

「RAW形式」の画像の場合、一眼レフカメラの機種によって「12~14」ビットあり、現像時に「8ビット」か「16ビット」を指定します。

では、「ビット数」が増えると何が変わるかと言えば、色の階調が多くなり、階調表現が滑らかになります。

「RAW形式」の画像を普通に現像しただけではわかりにくいですが、現像後にPhotoshopなどで「レベル補正」や「トーンカーブ」などを行った場合、「16ビット/チャンネル」で現像したほうが「8ビット/チャンネル」で現像するより、明らかに「トーンジャンプ」の発生が少なくなります。

今回は「画像データ」の「ビット数」が変わると何が変わるのか?についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。
関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/103-05e97d57