どうもこんにちは!
あなたの専属フォトアドバイザーのnikoです。

今回は「JPEG形式」の「画像品質」についてお話しします。
「JPEG形式」の「画像品質」について

撮影した画像データを圧縮せずにそのまま記録する「RAW形式」と違い、「JPEG形式」はカメラ内部で「RAWデータ」に画像処理を施し、記録時に画像データを圧縮することで「ファイルサイズ」を小さくしています。

「JPEG形式」の「画像品質」とは、この「圧縮率」の違いと考えて差し支えありません。「圧縮率」が高いほうが「ファイルサイズ」が小さくなり揖影枚数を多くすることが出来ます。

ですが写真の階調が荒くなったり偽色の発生率が高まります。現在の一眼レフカメラでははっきりとわかるような差はありませんが、それでも元々の圧縮率力高いと、レタッチへの耐性力抵くなります。

最近ではメモリカードの大容量化・低価格化が進んでいるため「低画質モード」を使用する意味はほとんどないと言えるでしょう。

今回は「JPEG形式」の「画像品質」についてお話ししました。
それではお疲れ様でした。nikoでした。


関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://blog.phototechnic.jp/tb.php/101-e49ed005